FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狙われた女教員 第2回

鬼塚は左手で夏美のブラウスの左袖を掴むとハサミで一気に切り裂き、間髪を入れずに右袖も切り裂いた。
「いッ、いやッ・・・やめてッ」
ブラウスを脇の下まで切り裂き二の腕を剥き出しにすると、鬼塚は夏美の喉元にハサミを突きつけながら鋼田に合図を送った。
「動くんじゃねえぞ」
鋼田はドスの利いた声で夏美に言うと、鮫川に合図を送り二人で同時にブラウスの襟を掴み一気に引き裂いた。
「ああッ・・・やッ・・・やめてッ」
夏美は自由になった手でブラウスの前を閉じ合わせ、男達の眼から肌を隠そうと前屈みになった。
「何を隠してるんだッ」
一番若い鮫川が声を荒げ夏美の頬をバシッバシッと叩いた。
「ひいッ・・・いッ、いたいッ・・・やめて」
「叩かれたくなかったら、肌を隠そうとするんじゃねえ」」今まで黙って事の成り行きを見守っていた氷山が命令するように言うと、夏美は怒りに震えながら睨みつけた。
「どうした氷山さんの言うことが聞けねえのか」
今度は鬼塚が手をあげた。
「ああッ・・・い、いやッ・・・叩かないでッ」
「だったらさっさと言われたとおりにしねえか」
鬼塚は声を荒げはしないが、威圧的で一切の抵抗を許さない口調だった。
夏美は唇を噛みしばりブラウスを押さえている腕をゆっくり離すとブラウスの前か開き、胸の谷間とブラジャーの中央部分が見えた。
「フフフ、今日のブラジャーはピンクかい。おっと、膝立ちのままで手は腰に沿って真っ直ぐ伸ばしておくんだぜ」
「ううぅ・・・み、見ないで・・・」
屈強な男達四人に囲まれてはもう逃れるすべも無く、少しでも肌を隠そうと頭を下げようとしたが、後方の二人に髪の毛を掴まれて上を向かされた。
「ああぁ・・・いッ・・・痛いッ・・・お、おねがいッ・・・髪の毛から手を離してッ」
「言うことを聞かないから痛い目に遭うんじゃねえか。おい、始めろ」
氷山が合図をかけると三人は一斉に夏美が着ている藤色のブラウスを毟り取った。
「いッ・・・いやッ・・・ああッ・・・やッ、やめてッ」
毟り取られたブラウスは床に散乱し夏美は両腕で胸を隠し座り込んでしまったが、鮫川は情け容赦なく往復ビンタを見舞った。
「いッ・・・痛いッ・・・おッ、お願いだからッ・・・やめてッ・・・」
「おい鮫川、女性にあまり手荒なことをしたらいけないな。もっと優しく接しないと言うことを聞いてくれないぜ」
氷山は鮫川をたしなめながら夏美に近づき、いきなり顎を掴んだ。
「ううう・・・い、痛い・・・手を・・・手を離してッ」
「いつまでも座りんでないで、さっさと立ち上がれ夏美さん」
先生から夏美さんに呼び方が変わった。
「いッ・・・いやよッ・・・お、お願いッ・・・もう・・・もう、帰してッ」
夏美は弱々しく首を横に振った。
「俺は立ち上がれと言っているんだぜ」
「・・・・・・・・・・」
夏美は何も答えなかった。
「ちッ、仕方ねえな。鋼田、鮫川立ち上がらせろ」
「ああッ・・・いッ、いやあッ・・・さ・・・触らないでッ」
夏美は二人の手を振り払おうとしたが、逆にグイッと掴まれ強引に立たされて、そのまま背後で捻り上げられてしまった。
「いい身体してるじゃねえか」
「氷山さんの言ったとおりでしたね」
「いや、想像以上だぜ」
「ああ・・・みッ、見ないでッ・・・もう・・・もう離してッ」
腕を掴まれ身動きのとれない夏美の乳房は、ブラジャーを突きあげ収まりきらずに溢れ出そうだ。
「鬼塚、ハサミをよこせ」
「いッ・・・いやッ・・・なッ、なにをする気・・・」
言い終わらないうちに氷山はスカートの裾にハサミを入れ一気に切り裂さくと、オフホワイトのスカートがバサッと音をたてて床に落ちた。
「あ・・・ああッ・・・い、いやッ・・・み、見ないでッ」
夏美は慌てて脚をくの字に曲げて恥丘を隠した。
「フフフ、まだ始まったばかりじゃねえか。これからが本番なんだぜ夏美さん」
「・・・そ、そんな・・・」
夏美は言葉を失い身体を小刻みに震えだした。
「フフフ、いい獲物が手に入ったぜ」
そう呟く氷山の言葉も脅える夏美の耳には届いていなかった。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。